スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のカラータイツ

2012.10.31 22:50|
寒い季節、私はタイツが欠かせません。
今まで、何にでも合うし便利だから…と、黒タイツばかり選んでいました。
でも、無難というか、なんか味気ないというか^^;
安心と防寒のためだけじゃなくて、可愛く履けるタイツの色ってなんだろう?なんて思ってました。
昨日、立ち寄った本屋さんで雑誌をパラパラめくっていたら、丁度いい記事を見つけたんです~(*^▽^*)


例えば、黒い靴のとき。今年は黒が流行りだから、全身黒の場合もあるかもしれません。
すっきり足長に見せたいと思うと、黒のタイツを選んでしまいがちですが…
黒い靴には、キレイ目→ボルドーカジュアル→霜降りのグレーが良いそうです!
ボルドーはモードっぽく女性らしく見えるそうですよ。カシスやワインカラーも良いそうです。
カジュアルな黒シューズだったら、ちょっと生地が厚めの霜降りグレー、チャコールグレーがベストだそう^^
UGG系のぽってりムートンシューズも、ミネトンカ系のモカシンやフリンジブーツにも合いそうですよね。


次に、カラーパンプスとタイツを合わせたいとき
冬は服の色が暗めになる傾向があるので、明るい印象にするのに、カラーパンプスを選ぶと楽しいです。
そんなときは、タイツはグレーが万能だそう。
白っぽいグレーじゃなくて、ブルーグレーだったり、ちょっと茶が入ったようなグレーだったり
濃いめのグレーがおススメだそうです。
今年のタイツは、黒より断然グレーだそうですよ☆


次に、キャメルやベージュに合わせるとき
キャメルとかベージュは、冬のコートに多い色ですよね。面積も大きくなります。
黒のタイツだとコントラストが強くて浮いてしまうし、ちょっと間違えると一気にオバサン注意報です^^;
そんなときは、タイツはネイビー(青すぎないもの・濃紺)がいいそうです。
この場合は、靴も黒ではなくて、今年流行りのグレージュカラーがより似合うそう。
先日、マスタード色のスカートをはいた時に黒のタイツを合わせたら、悪くはないけどしっくりこなくて
紺のタイツをはいたら、随分垢抜けて見えたんです!これおススメです☆


最後に・・・デニムをはくとき
デニムのとき、素足だと寒いですよね。可愛いけど見た目も寒々しいし。
カジュアルでぽってりした靴なら靴下でいいけど、女性らしい靴を合わせる時はタイツがいいです。
デニスカも、タイツが断然可愛いですよね。
デニムパンツとパンプス・ショートブーツの「すき間数センチ」をつなぐ最強タイツ色は、カーキだそう。
デニスカなら、カジュアルさを出して太幅のリブタイツ、色はグレーがいいそうですよ。


私はストッキングは苦手で、年間を通してほぼはくことはないですけど
冬はずーっとタイツです。寒がりなので、デニムでも、どんなパンツの下でもタイツです。
毎年黒のタイツをごっそり買っていたのですが、今年はカラータイツで楽しみたいです♪

スポンサーサイト

黒のチカラ

2012.09.17 06:02|
黒が好きです。
唐突でしたね、すみません(汗)


黒は、スピリチュアル的には良くないイメージの色ですね。
オーラの色に黒が混ざっていると、元の色のエネルギーを奪い、弱めているといいます。
陰の気を極めた色=黒。
混乱・疲労・病気。憎しみ・恨み。悪意・絶望・・・
黒から聞こえてくるキーワードは、どれも暗い闇の世界のものばかりです。


有名人の方で、黒を着ない人もいらっしゃいますね。
例えばベッキー。ベッキーは何かの役柄の時、若しくは喪の時以外は絶対に黒を着ないそうです。
自分の中でのルールなのと、息苦しくなるから、という理由もあるそう。
ベッキーのハッピーな要素の中には「黒」はないんですね。


また、ご本人が大変スピリチュアルでもあることも知られる、美輪明宏さん。
美輪さんも黒は着ないそうです。以前読んだ美輪さんの本に、そんな記述がありました。
幸せを呼び、気分を明るくしてくれるピンクが大好きだそう。
美しいものが幸せを呼び込むという美輪さんの考えの中でも、やはり黒は邪気・負の色という認識のようです。


それでも私は、やっぱり黒が好きだし、落ち着きます。
インテリアに関しては、白と茶がベースの自然な感じが好きなので、黒いのはテレビくらいだけど
服に関しては、黒アイテムが入っているだけで安心します。
もちろん、頭の先からつま先まで黒一色!という「カラス状態」にすることはないけど
黒は何にでも合わせやすいし、他の色を引き立たせるし、締め色としても一番効果的だと思うし
私にとっては暗い気持ちになるどころか、安心感のある色なんです。
「無難」と言ってしまえば、まぁそれまでなんですけどσ(^_^;)
でも、黒の着方もそれぞれだと思うから、黒を着ることが没個性だとは思いません。


気になるエネルギー的な部分、どうなんでしょうね?
これは全くの個人的意見なのですが、「黒=悪」という訳でもないと思うんです。
クリスタルを勉強した時に、チャクラやエネルギーフィールドに関しても学んだのですが
身体の一番下の部分、アーススターを表す色はブラックでした。
地球と繋がっている場所、大地に碇を降ろす場所です。
クリスタルヒーリングをする時も、グラウンディングストーンを必ず足元に置きますが
ヘマタイトやブラックトルマリン、スモーキークォーツ(真っ黒じゃないけど)等の黒色系のものを使います。


グラウンディングとは、地球の中心としっかり繋がっていること、地に足が着いている状態ですが
「気を静める」という要素もあるので、ハイなこと、ハッピーなことのかげには、この黒の持つ「気」が
ドスンと効いている必要もあると思っています。表裏一体とでもいうのかな。
明るく楽しくハッピーたまらん!だけの状態では、フラフラ足元をすくわれることもありそうですよね。


私は、黒い服を好むオシャレな人を沢山知ってます。
そりゃ会う度に毎回黒ずくめの服の人がいたら、さすがにどう思うかはわからないけど
黒を効果的に使ってオシャレを楽しんでいる人はカッコいいと思うし、暗いなーとは全く思いません。
むしろ落ち着いて見えるし、憧れます。
私は、パーソナルカラー診断でも「春」タイプで、黒を着ると顔が負けるタイプなので
あまりトップスに黒を持ってこない方がいいと言われてますが、それでも着たい時は着ちゃいます。
似合う人が羨ましいくらい。
黒でも、柔らかいシフォンだったり、べロアだったり、素材によって印象も様々ですよね。
一昨日、黒を基調にした和柄のトートバッグに一目惚れして、SALEで買っちゃいましたが
個性的でとっても素敵なんですよ~ (´∀`)
秋になってもうブーツが出始めてますから、今年は黒のショートブーツも素敵なものを探したいです。


「暗黒」とか「黒魔術」とか、黒は怖いイメージの言葉が多いけど
実は黒って、陰陽全ての色を含んだ最高にバランスのとれた色なんじゃないかと私は思っています。

自分を知る手段(カラー分析編・その2)

2012.05.03 15:41|

今日も、どっひゃ~というくらいの雨の一日。でも、スッキリ浄化されるようで、気持ちはGoodです♪

では前回の記事の続きを・・・




『パーソナルカラー診断&スタイル分析』で、自分に似合う色とスタイルがわかった私。

でも・・ 前の記事の色を見て頂いてもわかるように、春タイプは明るくて鮮やかで、

フレッシュフルーツのような、元気な色ばかりなんですよね。

似合う主な有名人を見ても、若い方はキュートで可愛らしく、大人の方は華やかな人が多いと感じました。

私にそんな要素はあるのだろうか・・・・と悩む私。

カラー診断の時は、カラードレープという様々な色の布を顔まわりに配置し、テストしながら分析していきます。

メイクを落としてすっぴんになり、肌の色も唇の色もナチュラルな状態でドレーピングしていくので

身体色から見れば、春タイプなことに間違いはありません。それは自分の目でも明らかでした。

例えばピンクなら、ローズピンクを合わせると一気に顔色がくすむけど、サーモンピンクだとイキイキして見える。

ブルーなら、ロイヤルブルーはダメだけど、ターコイズブルーやティファニーブルーは似合う。

とにかく青みが強いと、不健康まっしぐら。そうなるとお肌の状態も、一気に老け顔に見えてしまうんですね。。。

あとは、暗い色やシックな色もなかなか難しいようです。キーワードは「明るさと暖かさ」だそう。




スタイル分析の方では、日本人のモデルさんに多い 「華奢でスレンダー」 なタイプ・・・ではなく

どちらかというと、凹凸はっきり、骨太の外国人体系とのこと・・ガックリ・・・(もしや、デブって遠回しに言ってる?:笑)

まぁこれは仕方ないです。遺伝もあるし、水泳やってたし、学生時代ず~っと運動部だったし・・・(←言い訳必死)

でも逆に、「それを活かして華やかでゴージャスなスタイルを着こなしていきましょう!」とのアドバイスを受けました。

私が当てはまるタイプの芸能人は、藤原紀香さん・知花くららさん(←2006年・ミスユニバース2位のお方) だそう。

確かに二人とも華奢ではないし、華やかでフレッシュなイメージありますよね。そして、女性としては割とパワフル系・・・

絶対
無理!!(涙)




どちらかと言えば、私は身体のラインが出ない服が好きだったんですよね。優しくて柔らかい感じの。

なので、いくら「華やかに!ゴージャスに!」と言われても、「はぁ・・・」という感じで、何にも思いつかなかったです。

目立つのも嫌いだし、スタイルだって良くないし、自分に自信がないので、まぁ無難な服ばかり着ていました。

色も、派手な色は目立つ!という変な思い込みがあったので、華やかな色はあえて選ばないようにしてました。

だからかもしれないけど、興味はあっても、そんなにオシャレを楽しんでいなかったと思います。




でもね、先日、曼荼羅アートでご一緒させて頂いたひとみさんに、個性分析学 『 ヒューマンカラーカウンセリング 』 を

して頂いたんです。(ヒューマンカラーカウンセリングとは、生年月日から導き出される、生まれながらに持っている

資質・能力・個性を、カラーを通して伝えるものだそうです。)

すると、私の「本質の色」や「オーラカラー」が、まさに私の似合う春の色とドンピシャだったことに驚きました。

本質の色はターコイズ。オーラカラーはレッドオレンジ。

特にオーラカラーは、「自分をよりよく最大限に引き出し表現する色・天から恩恵として与えられた可能性の源の色」

とのこと!本当にびっくりしました。

私がパーソナルカラー分析で、最も似合うとお墨付きを頂いていた色が、まさにオレンジレッドだったからです。

オレンジレッド       スリッパ


何というか、結構派手な色?ですよね・・・




肌の色も目の色も、生まれながらに備わっている色。生年月日から導かれた結果も、まさに生まれながらのもの。

合致する部分があってもおかしくないのかな?と思いますが、オレンジレッドという色は、私にとっては個性的な色であり

ありふれた色ではなかったことが、より興味を引く結果になりました。

またこの、『 ヒューマンカラーカウンセリング 』 も奥が深い!自分に響くこと、気付くことが沢山ありました。

今回、色を通して自分を知る まさにそんな体験をさせて頂きました。

これを受けなければ、せっかく受けた『パーソナルカラー診断』のことも、すっかり忘れていたことでしょう。

色の意味も興味深いので、やってみたい方は、是非受けてみられると新たな発見があると思います。




それから気になって、ちょっとお買いものに行くたびに、オレンジレッドを探してみる私。

自分で言うのも変だけど、やっぱり今まで選んでいた、淡い色の服よりずっと似合うんです。

大きい面積で使うことに抵抗があるなら、スカーフなどで顔まわりに使うことから始めてもいいし・・・

今年はシャーベットカラーが流行りとのこと、春タイプに似合う色も沢山並んでいて、何だか嬉しくなります♪

体型や年齢重視で服を選ぶのではなく、自信をもって「これ似合う!」と思える服を着た方が断然楽しい!




本当はショートパンツもミニスカートも大好き。脚の形はバッチリ出ちゃうけど、スキニーパンツも好き。

そして、ヒールをカツカツして歩くのも大好きなんです。ウエッジソールなんかは、多少高くても楽ですよね。

あ~なんか思い出してきました。ファッション=自己表現だし、本当はとっても楽しいモノなんですよね!

これからは、似合うかどうか、着ていて楽しいかどうかを考えた服選びをしていきたいです。

「イタイおばちゃん」にならないようには、くれぐれも気を付けなきゃ・・・ですが(笑)

その為には、もっとスタイルUP!にも取り組んでいかねば、ですね。

色選び、大事です^^ 似合う色を知ると世界が広がりますので、皆さんもぜひ色々試してみて下さいね!

色から自分を発見することができた、素敵な体験でした。




長くなりましたが、読んで下さってありがとうございました
きらきら

自分を知る手段(カラー分析編・その1)

2012.05.02 12:35|

こんにちは。今日は平日ですが、GWも半ばですね。皆さん、どのように過ごしていらっしゃいますか?

こちらは久々に、しとしと雨が降っています。いいお湿りです。

今日は自分を知る手段として、見た目について。少し 『色』 について書いてみようと思います。

特にスピリチュアルな記事ではありませんので、あまり興味がない方はスルーしてくださいね^^

また、男性にも勿論当てはまる内容ですが、割と女性向けの書き方になってしまった点、ご了承ください。




数年前、仲良しのお友達が 『パーソナルカラー&スタイル分析』 を受けてみようよ!と誘ってくれたので

予約を入れて、プロの方にしっかり見て頂きました。

(私が受けた方のブログ→ 『 野中郁子のBright Colors 』 サロン&ブログ移転のため、今年3月までの記事です)

『パーソナルカラー』 についてはご存じの方も多いと思いますが、簡単に説明すると

人の持つナチュラルな色素「肌・髪・瞳(虹彩)・頬・唇など」を基準に、それらに調和する色・似合う色のことで

色の3つの要素「明るさ・鮮やかさ・色み」などを考慮して、次の4つのグループに分けられます。




(Spring) 春タイプ

キラキラ輝く瞳とツヤ肌の持ち主。明るく健康的でキュートな印象の可愛らしいタイプ 
井川遥・上戸彩・ベッキー・藤原紀香・松田聖子など



(Summer) 夏タイプ
優しげな瞳と落ち着いた雰囲気を持ち合わせたエレガントで上品なタイプ 
松嶋菜々子・蒼井優・石田ゆり子・黒木瞳・鈴木京香など



(Autumn) 秋タイプ
マットな肌とブラウン系の瞳が印象的。落ち着いた雰囲気でセクシーな女性らしいタイプ 
安室奈美恵・小西真奈美・川原亜矢子・後藤久美子・天海祐希など



(Winter) 冬タイプ
瞳の印象も強く存在感があり、個性的と周囲からも注目度の高いクールなタイプ
黒木メイサ・小雪・りょう・深津絵里・常盤貴子など




いかがですか?何となく、 「自分はこのタイプかな?」 と感じられた方もいらしゃるでしょうか?

雑誌等でもよく特集されていますし、今はネットでの無料診断も沢山ありますので、試してみてくださいね!

よくわからない方でも、有名人の分類を見るとイメージが湧いてくると思います^^

春と秋は同じイエローベースで、春は明度・彩度が高くフレッシュな感じ、秋は低くセクシーで落ち着いた感じ。

夏と冬は同じブルーベースで、夏は明度・彩度が高くソフトで涼しげな感じ、冬は低くクールでカッコいい感じ。

自分の持つ色素やイメージと相性の良いグループが、その人の属するグループです。(複数にまたがる人もいます)




因みに私もお友達も、春タイプでした。日本人には春タイプの方がとても多いようです。

しかし同じ春タイプであっても、骨格や体型、顔型、脚の形・・・など、人によって見た目が全然違いますので

似合う色の中でも、選ぶアイテムは当然違ってきます。華奢な人と大柄な人では、似合う服が違いますものね。

私達は深く分析してもらえるコースを選んだので、主なファッションアイテムにおいては似合う形や丈、素材や柄まで

カバンや靴、メガネ・時計・アクセサリー等、小物の選び方、和装の場合まで細かく分析して頂きました。

また、実際に春のカラーでメイクをして頂いて違いを確認したり、髪型のアドバイスもして頂きました。

それでも一人では何も選べない!という方の為に、一緒にお買い物に行って選んでくださるコースまでありましたよ!




当時は、やっとこれで自分に似合うものがわかった!もう服選びに迷わずにすむ!と大喜びした私でした。

でも、そう上手くはいかず、それからずっと今まで来てしまった私。。。

なぜなら、「似合うとわかったスタイルと、自分の服の好みにズレがある」 ・・・ためでした。

そこをわかったつもりで受けたはずなのに!!




でも最近、変化や発見があったんです。

やっぱり似合う服の方がいいじゃない!って思える出来事もありました。(まぁ、歳のせいが大きいですが^^;)

それについては、長くなるので・・・  次回に続きます♪


| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Maria (sono)

Author:Maria (sono)
 感じたこと、生活の中のあれこれを
 マイペースに綴っています。
(現在、セルフ・ヒーリングがメインで
 カードリーディング等お休み中です)

 よろしかったらご覧くださいね。

 ☆Thanks☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

Live Moon

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。