スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15:エゴ

2014.11.25 23:31|エンジェルタロットカード
今日は大アルカナの中から 【15:エゴ(Ego)】 を取り上げてみます。

【15:エゴ(Ego) 】

15:エゴ


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
ウェイト版タロットでは、「悪魔(THE DEVIL)」 というカードですが
エンジェルタロットでは、「エゴ」という名のカードに置き換えられています。
今回も名称は違いますが、タロットが割とハードな絵柄であるのに対し
エンジェルタロットでは、ニュアンスは保ちつつ、柔らかな印象に置き換えてあるようですね。
それにしても、「悪魔=エゴ」に置き換えるところが、何とも興味深いです。
ただ、これはわたし達のよく知る、心理学用語でおなじみのエゴのことではなく
ACIM(奇跡のコース)で言われているエゴで、「恐れからくる自我」のことだそうです。
(ACIMの概要は、簡単ですが、こちらの記事で取り上げています→
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使ジョフィエルです。


まずは左のタロットを見てみます。
中心には大きな悪魔。ヤギの頭と、コウモリの羽をもっています。
その前には、鎖でつながれた男女(アダムとイヴ)が立っています。
しかしよく見ると、二人の首の鎖はゆるく、逃げる気になれば逃げられそうな…
二人は、好んでここにいるのでしょうか?
悪魔も、それほど「がんじがらめ」にしている訳でもないような、そんな印象です。


タロットにおける「悪魔」のカードのキーワードは「誘惑」「欲望」「恐怖」「欺瞞」
「不満」「欲張ること」「刺激や欲を抑えられない」「良くない妄想」など。
このカードは、私たちの心に潜む悪い心を表しています。その象徴が悪魔なのです。
上記の、キーワードとして並ぶものたちは、誰の心の中にもあることですが
普段は理性を働かせて、それらの誘惑を断ち切っています。
しかし、どうしても歯止めがきかないとき、いわゆる「魔が差した」状態になったとき
いかにして気付き、自分の中の「悪魔」に打ち勝つか。それがこのカードの鍵です。


次に、右側のエンジェルタロットカードを見てみます。
仮面をかぶった男性。腰の辺りに、金貨などが詰まった入れ物を持っていますが
誰かに取られやしないか、警戒しているように見えます。
男性の周りには、エネルギーの輪のようなものが取り囲んでいます。
背後の大天使ジョフィエルが、男性を保護してくれている… そんな風にも見えます。
ジョフィエルの輝くような美しさも印象に強いカードです。
このカードにおける、ジョフィエルのメッセージは
罠に落ちたような偽の感覚 / モノへの過度の関心 / 否定的あるいは恐れに根ざした考え
です。


このカードは、あなたが根拠のない不安に心をかすめ取られていることや
物質に執着するあまり、こころのバランスが崩れていることの警告です。
今のあなたの感情や行動は恐れに根ざしているもので、決して真実ではありません。
本来の自分を見失っていることに気付き、内なる平和を取り戻しましょう、と
ジョフィエルが伝えています。


タロットの中の、逃げられそうなのに逃げずに、繋がれたままの二人は
「囚われている」ことに気づいていないのかもしれません。
エンジェルタロットの中の男性も、仮面によって目がよく見えていないので
恐怖から周りを気にして、金貨を守ろうと必死なのかもしれません。
どちらも、本来自分が持つ、感覚を麻痺させられているような状況。
「恐れからくる自我」によって、自らそうなってしまっている訳なのですね。


ほんとうの自分を思い出せば、物質にすがることもなく
全ては自らの内にあり、豊かな存在なのだと気付きます。
ジョフィエルはいつも、どんな恐れも神や天使に預けて欲しいと願っています。
美しい感情や美しい思いの中で、幸せを感じて居て欲しいのです。
誘惑、欲望など良くない感情にのみ込まれそうなときや、自分を見失いそうなときは
無理に感情と戦おうとせず、大天使ジョフィエルに助けを求めてくださいね。


次回は、【16:人生経験(Life Experience) 】について書きます☆

スポンサーサイト

14:バランス

2014.10.29 22:22|エンジェルタロットカード
今日は大アルカナの中から 【14:バランス(Balance)】 を取り上げてみます。

【14:バランス(Balance) 】

14:バランス


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
ウェイト版タロットでは、「節制(Temperance)」 というカードですが
エンジェルタロットでは、「バランス」という名のカードになっています。
名称は違いますが、今回は絵の構図も持ち物も、ほぼ一緒ですね。
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使ザドキエルです。


まずは左のタロットを見てみます。
真っ赤な翼の天使(ウェイト版タロットでは、大天使ミカエルとされています)が印象的ですね。
右手の杯から、左手の杯へと液体を注いでいます。
これは二つの相反する要素(例えば光と影(陰と陽)、精神と物質(霊と肉)、理性と感情、
意識と無意識、男性性と女性性など)を統合させることの象徴だと解釈されています。


タロットにおける「節制」のカードのキーワードは「統合」「節度」「控えめ」「辛抱強さ」
「穏健」「調整」「中庸」「周囲の人々とうまくやれる」など。
このカードは、中庸であることの大切さを伝えてくれています。
「節制」という名称の通り、何事もやり過ぎないこと、いき過ぎないことへの注意を
促しています。
大成功など、わかりやすい大きな結果は、幸せを感じやすいものですが
それを求めるばかりに無理を重ね、度を越せば失敗もしやすくなります。
中庸でいるのは、地味でつまらないような気がするかもしれませんが
当たり前と思えることの中にこそ、幸せがあると気付くことが大切です。
穏やかに、控えめに。時には妥協し、他者に配慮・協力することも必要です。


次に、右側のエンジェルタロットカードを見てみます。
強い眼差しで正面を見据えた、まるで少年王のような大天使ザドキエル。
やはり盃から盃(持ち手のついた器でしょうか)に液体を注いでいます。
静けさの中にも、訴える強さが非常に大きい印象のカードです。
このカードにおける、ザドキエルのメッセージは
バランスと中庸の必要性 / 協力と妥協  / パーフェクトなタイミングを待ちましょう
です。


このカードは、今は衝動的な行動や決断を控えるよう警告しています。
衝動に駆られて極端な行動をしたりせず、バランスと中庸を選択すること。
今置かれている状況をもう一度認識し、より良い結果を生むために
思いやりを持って他者と協力し、また他者の視点でも物事を見るようにすること。
それがあなたの先々の道を開くことに繋がります、と伝えてくれています。


ザドキエルという名は「神の慈悲」という意味を持っています。
ザドキエルはいつも、自分自身や周囲の人に対して、許しの心や慈しみの気持ちを
持つ助けになってくれます。
神の子である私たちに、その聖なる資質を伝え続け
私たちがいつも、自分や周囲の人の価値を認められるよう、手伝ってくれています。
自己と他者の間でバランスに悩む時は、ザドキエルにお願いしてみましょう。


「バランス」をとるためには、自己の「節制」が必要になってきます。
名称は違えど、双方共に中庸であることの必要性を伝えているカードでしたね。
次回は、【15:エゴ(Ego) 】について書きます。
エゴ… ちょっぴりドキドキしますね

13:解放

2014.09.13 10:30|エンジェルタロットカード
今日は大アルカナの中から 【13:解放(Release)】 を取り上げてみます。

【13:解放(Release) 】

13:解放


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
ウェイト版タロットでは、「死神(Death)」 というカードですが
エンジェルタロットでは、「解放」という名のカードになっています。
絵柄はかなり違いますが、『死=解放』には、ピンとくるところがあって
なるほど、そうきたか!と、意味を知るのが楽しみになってきます。
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使アズラエルです。


まずは左のタロットを見てみます。
黒い甲冑を身に着けた骸骨が、軍旗を掲げ持ち、白い馬に乗っています。
この絵柄は、行く先々で魂を刈り取る死神の「死の行軍」を表し
ヨハネの黙示録に登場する「第四の騎士」に由来しているそうです。
馬の足元には、横たわっている男性や、座り込み、顔を背ける女性がいます。
13番という数字も、キリスト教の影響から、西洋では不吉な数字とされていますね。
その名の通り、ダークでインパクトの強いカードです。
しかし良く見ると、背景には光り輝く太陽があります。何か希望がありそうですね。


タロットにおける「死神」のキーワードは「突然の変化」「変質」「転換」「転機」
「転職」「転校」「終わりと始まり」「死と再生」「破壊と創造」など。
このカードの意味するところは、変化です。そしてそれは「終わり」を必ず含む変化。
生はいつも死と共にあり、死があるからこそ、新たな生の誕生があります。
ここで一旦リセットし、終止符を打つ。そして新しい自分に生まれ変わる。
古い自分にしがみついていては、もう何も生み出せない、答えは出ない。
状況を白紙に戻し、再スタートを切ることが賢明だと知らせているのでしょう。


次に、右側のエンジェルタロットカードを見てみます。
金色に輝く大天使アズラエルが、両手を広げて、真正面からこちらを見ています。
まるで、「安心してこちらにおいで…」といざなっているよう。
知的で洗練されたイメージ。重厚感。強い安心感を覚えます。
側には二頭の馬が、仲睦まじい様子で寄り添っています。
このカードにおける、アズラエルのメッセージは
ある局面や状況の終わり / スピリチュアルな変容 / 動き出すとき です。


このカードは「次なる始まり」の暗示です。
行き詰まっているときだけでなく、もう今の局面は完結したので、次なるステップに
進む時期ではないですか?というメッセージです。
前にも後ろにも進めない。また、できることはやり尽くした、と感じるとき
あなたはもう、そこにいる必要はありません。解放されるときなのです。
アズラエルがついていてくれますから、安心して新たなものを迎え入れましょう。


キーワードの中に「スピリチュアルな変容」ともありますが
あなたの霊的な進化を知らせるカードでもあります。
今までの学びを実行に移す時期が来たことや、得た知識を活用できる機会が
すぐ側まで来ている…。そんなことを伝えてくれるカードでもあります。


アズラエルは、亡くなった人たちの魂を天界に導く役目をもつ天使で
「死をつかさどる天使」とも言われています。
天国に旅立った愛する人からのメッセージを伝えてくれたり
死にまつわる恐れや、深い悲しみを癒してくれたりもします。
このカードが出た時には、新しい自分に生まれ変わるために
アズラエルが共にいてくれていることを感じられるでしょう。


次回は、【14:バランス(Balance) 】について書きます^^

12:覚醒

2014.09.07 09:38|エンジェルタロットカード
今日は大アルカナの中から 【12:覚醒(Awakening) 】 を取り上げてみます。

【 12:覚醒(Awakening) 】

12:覚醒


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
ウェイト版タロットでは、「吊し人」「吊るされた男」(The Hanged Man) というカードですが
エンジェルタロットでは、「覚醒」という名のカードになっています。
吊るされてはいませんが、天使の絵柄が逆さまなので、意味は共通していそうですね。
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使ガブリエルです。


まずは左のタロットを見てみます。
足を縛られて、木に逆さまに吊るされた男性。辛い状況を思わせます。
しかし表情はまったく苦痛に満ちておらず、穏やかで落ち着いているようです。
頭部は後光で輝いていますし、吊るされた木には、葉が芽吹いてさえいます。
この状況が、決して「辛いことだけではない」ことを暗示しているようですね。


タロットの「吊し人」におけるキーワードは「損失」「妨害」「試練」「忍耐」「屈服」
「降伏」「どうにもならない状態」「犠牲的行為」「他人のための奉仕」 など。
やはり、多少ネガティブに感じられるワードが並びます。
しかし人生、どうにもならない局面に出くわすことは、幾度かあります。
今は成長のためにも、試練や忍耐が求められる場面であるということや
焦ってじたばたするよりも、自らを抑制した行動が、やがては良い結果を生むことを
このカードは告げているようです。
また、自分を犠牲にして他者に尽くすと得られるものが大きいことも暗示しています。


次に、右側のエンジェルタロットを見てみます。
ガブリエルも逆さまになってますが、吊られたり縛られたりはしていません。
下向きだからと言って、落ち(堕ち)ていく…という印象でもなく、
とても神秘的で、躍動感に溢れたカードですね。
このカードにおける、ガブリエルのメッセージは
異なる視点から物事を眺めましょう / 一時的な行き詰まり / 平常心を保つことが大切
です。


私たちは無意識に、固定されたものの見方に縛られている傾向があります。
常識。規範。主流。環境の中で自然に身についたもの。個人的な観念。
親や社会から受ける教育をはじめ、人間関係、様々な経験をもとに形成された
ものの見方に、私たちは、当たり前に慣れ親しんで生きているものです。
しかし、今起きている物事を、敢えて(意識的に)違う視点から見てみるとどうでしょう?
そこには全く新しい、新鮮な景色が見えるのではないでしょうか。


固定観念からから外れたとき、突然アイデアがひらめくかもしれません。
あなたにとっては、一風変わった解決法に思えるかもしれませんが
それはガブリエルからの贈り物なので、安心して従ってみましょう。
行き詰ってはいても、それは一時的なものです。
落ち着いて、新たなアプローチで上手くいく可能性を探ってみましょう。


双方のカードが伝えていることは、今は一時的に忍耐の時ではあるけれども
焦らず冷静になって、自らの方法に拘ることなく、違う視点を取り入れながら
じっくり解決の道を探りましょう、ということのようです。


この12番から、双方のカードの名称に違いが出てきました。
しかし、エンジェルタロットも当然、古典的・伝統的なタロットの流れを汲んでいます。
「吊し人」もそうかもしれませんが、伝統的なタロットの絵柄に慣れていない人には
直接的な絵に、ちょっぴり怖さを感じる場合もあるようです。
エンジェルタロットはそこに配慮して作られたものなので、カードの名前は違っても
大きい視点で見れば、伝えていることは同じなのですね。
(ドリーンさんも「タロットの伝統的な答えを細部まで残す努力を重ねた」と
ガイドブックに書かれています。)



次回は、【13:解放(Release) 】について書きます☆

11:力

2014.09.04 09:06|エンジェルタロットカード
今日は大アルカナの中から 【11:力(Strength) 】 を取り上げてみます。

【 11:力(Strength) 】

11:力


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
エンジェルタロットでは11番のカードが「力」ですが、ウェイト版タロットでは
8番のカードが「力」です。
「正義」のカードと、番号だけ入れ替わっているようですね。
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使アリエルです。


まず左側のタロットカードを見てみると、護身用の装備もなく、武器も持たない女性が
百獣の王であるライオンと親しげに触れ合っています。
ライオンはすっかり手なずけられている様子で、甘えるかのように女性を見上げています。
このカードは「力」ですが、それは暴力的にねじ伏せる力でもなく、相手の意図を無視して
強引に従わせる、というような力ではありません。
敢えて丸腰の女性を描くことで、真の意味での「力」を伝えているようです。


タロットの「力」におけるキーワードは「精神力」「持続力」「根気」「意志の強さ」「熟練」
「自己訓練」「誠意」「調停」「和解」「相手を手なずける」など。
真の力とは、じっくりと根気よく、自分の中で穏やかに育つ力のようです。
過度な自己主張や、力任せに何かを起こすこと、見せかけの力などではでなく
相手との調和を大事にできたり、誠意を持った大人の対応ができる強さ。
相手を信頼して関係を結ぶことができる。それもまた大きな強さであり
このタロットの絵柄は、まさにその意味を表しているといえるでしょう。


次に、右側のエンジェルタロットを見てみます。
やはりタロット同様、ライオンを従えた大天使アリエルが登場しています。
先程と少し違うのは、ライオンに手綱がついており、アリエルがそれを握っていること
また、アリエルはライオンの上に乗っているようですね。
表情も引き締まっており、「飼いならしている」という感じが、より強く出ています。
ライオンとアリエルの間に、信頼関係がしっかり築かれているのは間違いなさそうです。
このカードにおける、アリエルのメッセージは
大きな内面の力 / 厳格な判断をやめましょう / 許しと思いやり です。


このカードは、あなたに十分な力があることを知らせるカードです。
あなたが「強さ」だと思っていることを、少し見直してみてください。
このカードは「Power」ではなく「Strength」です。
それは物理的な、勢いのある力というより、内面的・精神的な強さであり、
あなたが持っている静かな「強み」のことです。
思いやりや親切心、優しさも、あなたの大きな強みです。
これまでの人生で培ってきたものや、積み重ねてきた能力を信じることで
あなたは今の状況に、十分的確に対処することができるのですよ、と
アリエルが告げているのだと思います。


アリエルは自然に関わりの深い天使で、人や動物と自然を繋ぎ、環境を整えてくれます。
自然も、厳しさと優しさを常に併せ持っていますが、その恵みによって私たちは命を繋ぎ
言葉にできない程の癒しをもらっています。
困難なとき、優しさもまた大きな力となることを、アリエルが教えてくれたような気がします。


今回は、双方のカードから受けるイメージは少し違いましたが
内面的な強さにポイントが置かれている、という面では一緒でした。
エンジェルタロットでは、『優しさ=強さ』というメッセージが色濃く出ていたと思います。


次回は【12:覚醒(Awakening) 】について書きますね。

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Maria (sono)

Author:Maria (sono)
 感じたこと、生活の中のあれこれを
 マイペースに綴っています。
(現在、セルフ・ヒーリングがメインで
 カードリーディング等お休み中です)

 よろしかったらご覧くださいね。

 ☆Thanks☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

Live Moon

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。