Humming Bird

つらつらと…

Category: ひとりごと

いつかきっと

no image
 31, 2016

さみしいさみしいちっぽけな自分消えてなくなりそうひとりだって好きそう思っていたけど慢性的におそってくる このさみしさからのがれることができないあがいて もがいてもう何度 繰り返しただろうあと何度 繰り返すのだろうかみさまどうか 力をください私に 強さをください...

子供

no image
 22, 2015

思いっきり 泣きたい泣いて 泣いてひたすら泣いているわたしをただ 見守っていて欲しい言葉は いらないただ側に いて欲しい...

終わりの始まり

no image
 22, 2015

生きてたら「感じる」のは当たり前なのにひとつひとつ、感じることに意味を見出さなきゃと思ってた。感じたからには、そこから自分のための何かを掘り起こさなきゃ感じたからには、何らかの答えに辿り着かなきゃと長いこと、思いこんできたのかもしれない。自分はずっと、それを怠ってきたために成長せずに、ここまで来てしまったんじゃないか色々感じてきたことも、ことごとく無駄にしてきたんじゃないかそんな思いも、ずっとあっ...

新月の夜に

no image
 27, 2014

もっと自分を知りたい。無意識のうちに自分が決めてしまった枠に、一つ一つ気付いて本当はどうしたいのか、どう思っているのか、面倒でも紐解いて、枠なんか破り捨てて、ただ魂の望みに従って生きていきたい。一日、一週間、一ヶ月があっという間に過ぎていく中でこうやって毎日、一生懸命生きていけばそれでいい、とも思う。だけど、わたしが本質からズレていることを無意識に続けているときはその違和感は確実に振動して、その存...

祈り

no image
 06, 2014

あなたが呼ぶこえが きこえるあれから ずっとそれは悲鳴にも似て わたしの胸をしめつけるあなたのことを 思い出そうとするけれど現世の記憶が邪魔をして本当のこえが きこえないかつてわたしたちは 切り離せないひとつだったあまりにも 近い存在だっただから今世でも 当たり前のようにお互いの存在に気付いた昔からひとつだったことを互いが思い出すのに さほど時間はかからなかった今世での出会いも とうに終わりわたし...