Humming Bird

つらつらと…

鳥のように

昨日のハチドリの記事もそうだけど、鳥が気になって仕方がない私。
これは何かのサイン?


自分にカードリーディングをしていて、カードを引いた直後にふと顔を上げたら
目の前のレースのカーテンの柄の中に、急に鳥のカタチが見えたり。
いつもはあまり気にならない鳥たちの声が、やたら気になったり。
ちょっとした鳥モチーフのものを目ざとく見つけては、ニヤニヤしたりしています。
アメブロから移転するにあたって選んだこのブログスキンも、第一印象と直感に従ったら
タイトルのところに鳥がいました
もともと鳥さんは好きだけど、こんなに気になるのは初めてのことです。


鳥が象徴しているもの…
最高にベタだけど、やっぱり「自由」なのかな?


そういえば子供の頃は、自由に空を飛ぶ夢をたくさんみたものです。
私の場合は、スイスイーっと軽快に飛ぶのではなく、いつも平泳ぎ(笑)
水泳を習っていて、小学生の時は水泳部でブレスト(平泳ぎ)専門だったせいかな。
早くは進まないけど、気持ち良かったです(´∀`)
また、そのシチュエーションも面白くて。
いつも飛ぶのは夜の空なんです。そして、飛び立つのはお隣の家の屋根から ( ´艸`)
普通の瓦屋根だけど、瓦が鮮やかなブルーで光沢もあって、キラキラしてて大好きだったんですよね。


何となく夢だってわかってる感じ。
そして、飛べることが当たり前だってわかってる感じ。
飛び立ったら、気流に乗ってどこまでも高く高く飛んでいくことができるんです。
思い出すだけでも楽しくなっちゃう♪
大人になったら、空を飛ぶ夢を見なくなりました。
数年前に一度、どうしても見たいから見せて!!って強く願ったら見られたことがあったので
またお願いしてみよう。


「大人が空を飛ぶ夢を見る場合は、主に低空飛行」と聞いたことがあるけれど、どうしてかな?
高いところを飛べるのは子供の特権なのかな?
あらら、話が脱線しちゃいました


今、私はとても自由です。鳥がねぐらに帰るように、自分が自分でいられる場所に戻ってきたから。
一人になってゆっくり自分を取り戻そう、立て直そうと思っていたけれど
そんなに大げさな事じゃなかったのかもしれません。
だって、もう自然にできてるから^^


Comment

Add your comment

Latest