Humming Bird

つらつらと…

助けるということ

大事な人が助けを必要としていると感じたとき

あなたはどうしていますか?

私は、何か力になりたい!という気持ちが勝ってしまって

相手に今、どんな助けが必要なのか、冷静に考えられないことがあります。

今日、考えさせられる言葉に出会いました。





人が助けを必要としていたら、必ず助けてやりなさい。

しかし、時には人を放っておくことが、最大の援助になるのです。





相手の力を弱めるような助け方は、してはいけません。

あなたが必要だと思う助け方を、強要してもいけません。

まず、あなたに何が与えられるかを相手に知らせ、相手が何を欲しているかに

耳を傾けましょう。何を受け入れようとしているかを見つめましょう。





相手が欲しがっている助けを与えましょう。

相手が言葉で、あるいは行動を通して「放っておいて欲しい」と示している時もあります。

そんな時は、あなたが何かを与えたいと思っても、何もせずにいましょう。

それが最高の贈り物です。





相手の力を弱めるようなものは与えずにいましょう。それは依存を生みます。

最大の援助とは、相手が自分の足で立てるようにすることです。

相手に本当の自分を思い出させることです。

自分自身を思い出させるということは、新しい精神で自分を見ることでもあります。

同じくあなた自身も、新しい精神で相手を見ることが必要です。

あなたが「かわいそうな人」という目で見れば、相手もそう思うのです。





真実の目標は、弱っている相手がますます弱くなることではなく、成長して力をつけること。

相手に力を与えるような助け方が、必ずあるのです。





実際はとても、とても難しいことですよね。

ひどく弱っている人に対しては、一時的な安心感だけでも感じて欲しいと思うものです。

でも、人に対して何かをしようとする時には、より深く物事を見て行動しなければならないことを

教えられました。

これは私にとって、大きく足りないところでもあります。

ひとつひとつ、気付いていけることに感謝です。

Comment

むぅ♪  

1. むずかしいですけどね^^

きくやさしさ
きかないやさしさ

いうやさしさ
いわないやさしさ

簡単で一番難しいかも^^

2011/02/16 (Wed) 18:48 | EDIT | REPLY |  

Maria  

2. 本当ですね

>むぅ♪さん

本当に難しいです。
私は、人に傷を見せられたときに、その傷に対して何かをする訳ではなく
同じような自分の傷を見せることで安心を与えてしまう部分がありました。

もちろん傷は本人にしか治せないとわかっているけれど
私がしていたことは『傷を治したい』と思っている相手にとっては
あまり意味を成さないことなのかも…と感じたんです。
傷をもって、助けを必要とすることもある一人の人間として ね^^

目指すところへの進度も人それぞれで、感じ方もそれぞれだから
簡単ではないですね^^

2011/02/16 (Wed) 21:50 | EDIT | REPLY |  

あんちゃん  

3. 素晴らしい…

初めてコメントさせて頂きます。

いつも、私のブログにいらして頂きありがとうございますm(__)m

素敵な気付きですね…(^-^)

心のキレイな方だなぁ…って感じました。

「助けるということ」…難しいですよね。

相手の事を考えず、感情の赴くままに行動してしまうと、それは自身のエゴになってしまいます。

普段の生活を振り返り、「あの時は、こうじゃなかったかな…」とか色々とよぎります。

素敵な気付きをシェア頂き、感謝ですm(__)m

これからも、どうぞよろしくお願い致します♪

2011/02/16 (Wed) 22:22 | EDIT | REPLY |  

Maria  

4. こんばんは^^

>あんちゃんさん

コメントありがとうございます!嬉しいです^^

そうですよね。エゴとの闘いですね…(汗)
割と(かなり?)感情先行型なので、気をつけていないとダメなんです。
突っ走ってはいけませんね^^;

私こそ、あんちゃんさんをはじめ、皆さんのブログでたくさん学んでいます。
シェアし合って気付きを増やして行けたらいいですね。

大変なお仕事だと思うので、お身体大切にしてくださいね^^

2011/02/16 (Wed) 22:40 | EDIT | REPLY |  

Caterina  

5. 助ける=自己満足

・・・と、いう場合もあります。助けて「あげた」
みたいな感じですね。例えば、恋人への贈物など「相手の喜ぶ様子が見たい」といった、「自分」の欲求を満たす為の行為になっていないか、気を付けないといけないなと私も思います。

リアルに修羅場を様々体験してきてるのでw
人の行為には表と裏がある場合があります。
やはり、自分の心の目を養わなくてはいけないですね。

2011/02/17 (Thu) 09:07 | EDIT | REPLY |  

Maria  

6. よくわかります

>Caterinaさん

そうですよね。相手に何かをした時に、思うような反応が得られず
モヤモヤしてしまう時は、大体自己の欲求が混じっている時ですよね。
それが積もり積もって、相手を見る目を自分で曇らせてしまう可能性も…
注意しなければいけませんね。

心の目を養うこと、本当に大切ですね。
何事も自分次第なのだなと感じました^^

2011/02/17 (Thu) 10:43 | EDIT | REPLY |  

メリー ワントワネット  

7. 心にしみじみ入っていく言葉ですね。

助けも アドバイスも 自分なりの我が入ると 導かれないですよね。
今日のブログ内容、私が子供達に接する時に、本当に必要な言葉だなあと特に思いました。
ベストなタイミングで、Mariaさんに感謝です。
それと、いつも素敵なコメントありがとうございますo(^-^)o

2011/02/17 (Thu) 20:02 | EDIT | REPLY |  

Maria  

8. こんばんは^^

>メリーさん

こちらこそ、いつもありがとうございます^^

お子さんは自分の分身のように近い存在だと思うので
思いが強い分、どうしても熱が入ってしまいますよね。
家族関係で我を入れないようにするのは、本当に難しいことですね。

でも、お子さんを尊重したいと思っていらっしゃるからこそ
常に立ち止まって考えているメリーさんがいらっしゃるんですよね。

私は子供がいないので、わからないことも多いけれど
そんな想い、きっと伝わると思います^^

2011/02/17 (Thu) 21:52 | EDIT | REPLY |  

ami☆  

9. 深いですよね

放っておく事が最大の援助。

深いですよね。

放っておいて良い状態か、手を差し伸べなくてはならない状況か、見極めるのも難しいですもんね。

自分が良かれと思っても、相手にとっては学びの最中である事もあるんですね。

相手を見守る深さを自分も持ちたいとおもいました。

2011/02/18 (Fri) 12:38 | EDIT | REPLY |  

Maria  

10. うんうん^^

>ami☆ちゃん

『辛い思いをしている相手を見たくない』というのも
ある意味エゴなのかもしれないですよね・・・

ami☆ちゃんの言うように、相手にとってそれが学びだとしたら
『かわいそう』という感覚もちょっと違うのかなと思いました。

相手を見守りながら、『いつも側にいるよ』と伝えるだけで充分な時も
たくさんあるのかもしれないね^^

2011/02/18 (Fri) 14:18 | EDIT | REPLY |  

ここなん  

11. そか・・・^^

まりあから
いつも
大切なことを
教わってます^^

いつもいつもありがとう・・・ね

えごえごなわたしは
ちょと耳が痛くもあり^^;
・・・でも
うんうん・・と頷いてます・・

大切な・・ある人に
自分ができる
最高の贈り物は
きっと
何もしないことなん・・・ww
・・・想わないことなん^^;


・・だって
頭でわかってるのに
心がついていけてなくて・・・
www

助ける・・というのと
ちょと違うかもしれないけど^^;
(・・・違うよね^^;)

・・・
ほうっておくことが
きっと
いちばん
良いことだから^^;

せつないけど
そなんだな^^;

・・・あ
はなし
ずれちゃった^^;
ww

ごめんね^^;

でもね
前向きだから^^
         えへへ^^

2011/02/19 (Sat) 14:43 | EDIT | REPLY |  

Maria  

12. ありがとう

>ここなん

お返事おそくなってゴメンね(>_<)

大切なある人に、自分ができる最高の贈り物は、何もしないこと・・・
ここなん、今、そう思ってるんだね。
そうだね、場合によっては、そんな時もあるかもしれないよね。

でもね、私は想っていてもいいと思うの。
そこに何か、モヤモヤした変な気持ちが混じってしまうならちょっとストップだけど
優しい気持ちで想うことや、無条件の愛を送ることは自由だから^^

でもなんとなく、ここなんの気持ちわかったような気がしたよ^^

大丈夫だよ。安心してね^^

2011/02/21 (Mon) 14:09 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest