Humming Bird

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9:隠者

今日は大アルカナの中から 【9:隠者(The Hermit) 】 を取り上げてみます。

【 9:隠者(The Hermit) 】

9:隠者


いつものように、左がウェイト版タロットカードで、右がドリーンのエンジェルタロットです。
今回はどちらのカードも、9番は隠者です。
エンジェルタロットにて、このカードにガイダンスをくれるのは、大天使ラジエルです。


そもそも「隠者」ってなんでしょうか?
隠者とは、世俗との関係を断ち、山谷などに隠れ住む人を表します。
人と交わることなく、様々な事を学び、知識を蓄え、深く思考しつつ日々を送る修行者。
仙人のイメージに近いかもしれません。
まずは左側のタロットカード。長い杖を持ち、荒涼とした大地を灯りで照らしている老人です。
灯りは単なる炎ではなく、六芒星(ヘキサグラム)。神聖な力を象徴する、聖なる灯りです。
老人の背筋はまっすぐに伸びており、強い意志を秘めている。そんな姿に見えます。


タロットの隠者におけるキーワードは「哲学者」「研究科」「科学者」「洞察力」「思慮深さ」
「孤独」「隠遁生活」「絶対的な知識」など。
賢人でありながら、俗世間と離れているため、孤独だったり、用心深かったり、少しばかり
人とは変わっているところがある。そんな部分も特徴として有しているようです。


次に、右側のエンジェルタロットを見てみます。
タロット同様、杖と美しい灯りを持った大天使ラジエル。
1番の「魔術師」のカードもラジエルでしたね。「隠者」のカードでも、その神秘さは健在です。
ちょっぴり気難しいお顔ですが、いざとなったら物凄く頼りになる。
持っている灯りから流れ出す聖なるエネルギーが、秘められた力を物語っています。
このカードにおける、ラジエルのメッセージは
瞑想して過ごしましょう / スピリチュアルな教え / 自己発見 です。


このカードは、内なる旅路への誘いです。
一人になって、瞑想したり、静寂の中に身を置いて過ごす。
一人でいることの楽しさ、豊かさを体験することへのいざないです。
多くの人に囲まれた忙しい日常の中、人はどうしても疲れてしまいます。
一人は決して寂しいことではなく、落ち着きや安らぎを手に入れる大事な時間でもあり
一人の時間を意識して持つことで、様々な学びを深める機会とすることもできますね。


また、このカードでは、スピリチュアルな教えを意味することから
スピリチュアルな師との出会いの時期や、あなたの持つ知恵を誰かと分かち合う、といった
時期が来ていることを示唆しています。
霊的な探究を進める人々にとって、ラジエルは最大の理解者であり、サポーターです。
夢や過去世の記憶などからもアドバイスをくれるので、瞑想など一人の時間を大事にして
あなたの力を花開かせ、必要な人と分かち合ってくださいね。


今回の比較では、隠者ならではの「賢さ」と「孤独」がポイントだと感じました。
どちらのカードも意味はほぼ同じですが「孤独=一人でいることの尊さ」でもあるのだなと
比較を通して勉強になりました。


次回は、【10:車輪(The Wheel) 】について書きます。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。